BLOG@STUDIOBACKBEAT

スタジオバックビート店長のブログ

BEHRINGER P-16M キューシステム

| 0件のコメント

レコーディングで大事なことの一つに、演奏者のモニター環境があります。一人でやっている分には、オーディオインターフェースのヘッドフォンアウトを使えば済むのですが、何人か一緒に録音するとなると、ヘッドフォンアウトが足りない、各自が別々のモニターバランスで聴きたい。そこでキューシステムの導入になります。

上はその一例ですが、オーディオインターフェースから楽器ごとの信号をキューミキサーに送る。そこからキューボックスに分配し、好みのバランスでモニターするという仕組みです。

↑これは私が以前使用していた、FURMANというメーカーのキューシステムです。大きいのが親機で、小さいのが子機(キューボックス)。親機と子機はLANケーブル2本で接続できます。子機のつまみでヘッドフォンの各楽器の音量を調節できます。比較的安く導入できるのがこの機種だけだったので、小さなスタジオでは定番でした。

現在は生産中止で、故障も多くなってきたので更新しようとした時、同価格帯での選択肢はこれだけでした。↓

BEHRINGER P-16M

BEHRINGER P-16M これはシステム中の子機にあたるものです。親機からLANケーブル1本で信号と電源を供給し、16チャンネルの音声を好みのバランスに調整してモニターすることができます。

P-16Mが受ける信号はデジタル信号ですが、親機が2種類あって、一つは同社のデジタルミキサーからデジタルのまま信号を分配するもの。もう一つはアナログミキサーやオーディオインターフェースのアナログ出力またはA-DAT出力から信号を受けて、信号を分配するもの。何度もA/D、D/A変換すると音声データが劣化し、レイテンシーが大きくなってしまうので、オールデジタルが望ましい。というわけで逆説的に、フルデジタルでモニターを返せるオーディオインターフェースを探すことになるわけです。続く。


コメントを残す

必須欄は * がついています