セルフレコーディングをお手伝いします。

セルフレコーディングをお手伝いします。

セルフレコーディングしてみましょう。手持ちの機材でやりたいことができるか、足りない機材は何か、ご相談下さい。足りない機材はレンタルします。基本的にリハーサルブース内での作業になります。スタジオバックビートは1ブースだけなので、隣のスタジオからの音漏れもなく、クリアな音でレコーディングできます。

主なレンタル機材

ZOOM L-20(MTR/オーディオインターフェース 500円/1時間)
お手持ちのPCにUSB接続してオーディオインターフェイスとして使用、またはPC無しでL-20本体にレコーディングもできます。(要SDHCカード)

YAMAHA EAD10(ドラム録音用ワンポイントマイク 200円/1時間)
バスドラムのリムに取り付けて、ドラム全体をステレオ録音。とても簡単に良い音でレコーデイングできます。エフェクトの掛け録りもできます。

Ampeg SCR DI(BASS用PREAMP/DI 無料)
Ampegのプリアンプ/D.I。

VOX MV50シリーズ(ライン録り可能な真空管ギターアンプ 無料)
Clean/AC/Rock/Boutique/HiGainの5種類からお選び頂けます。

HOTONE MOJOATTACK,BRITWIND(ライン録り可能なギターアンプ 無料)
FENDER/BOOGIE、VOX/Marshallの音が手軽に得られます。

MXRコンデンサーマイク V67G-HE(200円/1時間) or SHURE SM58(無料)
ボーカル別録りならコンデンサーマイク、バンドと一緒に録るなら被りの少ないダイナミックマイクがおすすめです。

ヘッドフォン5台まで。(100円/1台/1時間)

その他
必要なケーブル類は無料でレンタルしますので、ご相談下さい。

バンド合宿でセルフレコーディング

じっくりやりたいなら、バンド合宿でセルフレコーディングがおすすめです。24時以降も宿泊施設でお客様のPC, オーディオインターフェイスとヘッドホンを使ってセルフミックス作業をしていただくことができますので、時間を有効に使えます。

↑ PAGE TOP